ブラックジャック・ルール

まずブラックジャックの種類を選び、ハンド数を選択してください。ほとんどのゲームでは、1ハンド、2ハンド、3ハンドまたは5ハンドの選択があります。

プレイを開始しベットを始めるにはチップを購入する必要があります。ベットが完了すると(ほとんどの場合、各ハンドそれぞれにベットします)ディーラーがカードを配り始めます。ディーラーは各プレーヤーに表向きカードを2枚ずつ配り、ディラー自身に表向きカードを1枚とホールカードとも呼ばれる裏向きカードを1枚配ります。

ブラックジャック用語を学びましょう

ホールカードは、ディーラーもプレーヤーも見ることができません。全プレーヤーがバストしてしまった時、またはプレーヤーがスタンドを希望した時つまりカードを引くのをストップした時にだけ見ることができます。ディーラーがホールカードを裏返して、ディーラーのカードの合計が21を超えれば、ディーラーはバストします。もしそうでない場合は、あなたのカードの合計が21を超えずにディーラーのカードの合計よりも21に近いことを願いましょう。そうなればこの勝負はあなたの勝ちです。

他の重要な用語:ダブリングとは手持ちカードによってベットを倍にして、もう一枚だけカードを引くことができることを言います。スプリットとは一つのハンドを二つに分けて別々のハンドとしてプレイすることを言います。

他にもオンライン・ブラックジャックならではの特徴があります。ディーラーがデーィラー用に、一枚目にエースを配ったとき、あなたはインシュランスを得ることができます。インシュランスはディーラーがブラックジャックをもっている時にあなたを守る役目を果たします。

各プレーヤーがどうするのか決め、スタンドし始めると、ディーラーは自分にカードを配ります。ディーラーは自分のカードの合計が17以上になるまでカードを配り続けます。ディーラーにはダブリングやスプリットの選択はできません。

もしあなたのカードとディーラーのカードの合計が同じで、なおかつ21以下だった場合、これをプッシュと呼びます。この時あなたはディーラーのベットをもらうことができます。もしあなたのハンドがディーラーのハンドより高くなお21以下だった場合はあなたの勝利です。もしこの時ディーラーがバスト(カードが21を超えたら)すれば、まだバストしていない全てのプレーヤーが勝利を獲得します。

ブラックジャックの歴史について:フランス、スペイン、イタリア、各国でブラックジャック(イギリスでは21やポントゥーンとも呼ばれている)の発明を主張していますが、未だにどの国の言うことが正しいのかは、明らかではありません。しかしブラックジャックを流行させたのはフランス人で世界的に有名なゲームにしたのはアメリカ人である事実にはどの人も異論は無いようです。

ランドベースカジノでものオンラインカジノでもこのような様々なブラックジャックのチョイスを提供している場所はそうありません。カジノドットコムでは、ポピュラーなブラックジャックを取り揃えています。今すぐチェックしてみてください。

ブラックジャックのルールや歴史を学んだら、プレイに挑戦してみませんか?

さあカジノドットコムでブラックジャックを開始しましょう!

参考資料: